2005年08月30日

Login号!

久しぶりの大海戦以外の公式イベントが催されるようだ。
その名も「謎の幽霊船、Login号を追え!」。
なんだかおどろおどろしい、夏にぴったりの納涼イベントだ。


フーハハハ。


でもマルゲさんはあんまり乗り気じゃない。
だって幽霊船おいかけても出てくるのはせいぜい骸骨なわけで。
さすがの男前ハンターも、骨レベルの男前判定は不可能というか。
死ぬ前ハンサムハートたち(複数ハート)って分かったところで、眼前には屍の山が広がっているわけで。

寧ろ古風なマルゲ的には、TATARIとか気になっちゃうし。
お化け屋敷でキャッ☆とか言って脅えちゃう乙女目指してるし。

てなわけで恒例のお言葉。

はい放置確・定


でもどうやらうちの商会の皆さんは、幽霊船に興味津々。
どうやら倒した暁には、スーパーお宝が出るようなのだ。

マルゲ的にはハンサムに勝るお宝ナシ。男前こそこの世の財産。
骨だらけの納涼大会なんて背筋の凍るようなことはゴメン被りたかったのだが、
商会で大型艦隊を組んで出陣するみたいなので、戦場での新たな出会い☆を期待して参加することにした。


でもマルゲほんとにやる気出ないわ〜。


出ないわ〜。


言葉とは裏腹に、一張羅で集合場所の商館へ登場。
ホントは超ノリノリだったアホ。
皆の失笑を買う。



つかみはオッケー☆



アホを無視して着々と準備は進められ、いつの間にか艦隊振り分けとかも終わってた。
足手まといの上に役立たず。さすがである。
そして3艦隊、総勢15人で幽霊船探しの旅に出る。



出陣!



作戦としては、北大西洋をうろうろして援軍要請でボコボコにという単純明快なもの。
その前にはまず幽霊船を見つけなければ。


そう簡単に見つからないだろうね〜と隣の艦隊に微笑みかけようと振り向くと、


!!


なんかもう捕まってた。ウソーン。
さすがに敵は強い。しかしマルゲ以外の方々の活躍により見事勝利!


勝ったどー!



いや〜さすがに天に愛されし女神。あっさり幽霊船見つけちゃったなぁ。うふふ。
もうイベント終わっちゃいましたか〜。ちょっと簡単すぎたな〜。
おっと頂いたアイテムはっと…。

ダイヤ11個。

('A`)…。
いや嬉しいんだけどさ。骸骨にダイヤもらってもテンション上がらないし。
大体あれだけ煽っておいて、スーパーお宝はダイヤでしたってありえないじゃん。


やりきれない気持ちでいると、どうやら今の幽霊船は普通のNPCであることが判明。
まぎらわしすぎだよ!バーカバーカ。


その後アゾレス諸島のあたりに、本物の幽霊船が出たという情報が。
しかしここは、ぐっと我慢してここで幽霊船がワープしてくるのを待つことに。

動かざるごと山の如しなのだ!



…。

……。


待てど暮らせど、何もない。
寂しくて死んじゃいそうになってきた。


必死。



迷子のお呼び出しとかしてみるも、全く無反応。
そのうち2回目の幽霊船もアゾレスに出たという情報が。

もう我慢できない。
侵略すること火の如し!さっさとアゾレスへ向かう。

ようやくアゾレスについた頃には人、人、そして人。
辺りを見回すも幽霊船は見当たらず。
とりあえず周回してみようと船を進めると、回線落ち。


戻って見ると座礁中。一人で彷徨い敵襲。
追い風仕様のピンネースで、向かい風の中逃げようとするも敵の数4隻。逃げ切れず。
停戦状を使おうとするも、こんなときに限ってもっておらず。
泣きながら援軍要請すると、正義の味方ガレアス艦隊の方が颯爽と駆けつけてくれ退治。
かっこよすぎ。うっかり惚れてしまう。

お礼をいい、商会メンバーを探すもまたも回線落ち。
どうやらこれはマルゲだけじゃなくて、この地域にいた多数の方がいっせいに落ちた模様。





そしてイベント終了…。
なんとかメンバーを見つけ、リスボンへ到着。


第一声ももちろんハモリ。



最後に商館で、



うなだれ、


呆れる。




夏の終わりの楽しいイベントをある意味堪能したマルゲリータだった船




ボジョレー雪虫心の叫び。

この記事へのコメント
どうも〜
土曜日だったのに、リアル都合で参加できなかったメルツですTT
まあ、確かに美男子も不細工も一皮向けばみな骸骨ですが^^;
 骨レベルでは興味なしですか・・・w
戦利品はダイヤでしたか
でも、スーパーダイヤなら男前かも知れませんよ@@;
何故って昔こんなのいませんでした?
つ スーパー○イヤ人!
あ、お呼びじゃなかったですね;
Posted by メルツ at 2005年08月30日 21:03
・・・なんかドコのサイト見てもヒドかったっぽいっすねぇ〜。見つからなかっただのスグ落ちただので・・・

でもそんな中で普通のNPC幽霊船と戦えるマルゲさんも凄い運かと思いますw
Posted by Sir at 2005年08月30日 23:31
ある意味強烈なイベントだったよね…(ノД`)
イベントでこんなに疲れたの初めてヽ(`Д´)ノ
それにしてもマルゲさんが強烈な一張羅だったので、自分はタベラ服で出るしかないと思ったのはここだけの話デスw
Posted by ろんろん at 2005年08月30日 23:38
こんにちは^^書き込み2度目です。
…スゴいイベントだったようで(^^;)
私も出たかったですが、腹筋ツアーという
ユーザーイベントでアフリカにいたので参加できませんでした(・∀・)
でも記事を読ませていただき、イメージは掴めましたよ^^;
なんつーか…お疲れ様でした!^^;;
Posted by エステバン at 2005年08月31日 01:47
ほんっとに・・・ほんっとに! 最低だった〜〜〜〜!!!!!
アゾレスの座標を2度も聞いたから云ったのに・・・のにのにのに くくぅ(ー'`ー;)

詩人さんの叫びには痛く同感。
全く持ってその通り!!!!!!
あ〜ぁ やんなっちゃう
Posted by ISIL at 2005年08月31日 09:46
ログイン祭り疲れましたね。。。
まぁマルゲ様はその美貌に惹かれて集まった幽霊船からダイヤを奪えただけでも儲かりものかとw
俺の船は帰りは幽霊船になりかけましたから○凹
Posted by 魔狼 at 2005年08月31日 14:51
おほほほほ〜〜〜

サージは幽霊船を追いかけて、イケメンの王子様をGETして帰ってきちゃったのよ〜〜〜ん♪

(-ω☆)キラーン ワレナガラ アッパレw
Posted by サージロン at 2005年08月31日 16:26
>メルツ様
なるほど!
金髪に染めて、オラが地球を守る!とかシャウトしたら会えたかもですね(‐,_ゝ‐)

>Sir様
ええ〜普通のNPCのくせに超強くて、マルゲ勘違いして多数の方に自慢してしまいましたの(*´Å`*)恥

>ろんろん様
ホント疲れましたねw
でも一番目立ったのは、最後にポーズ一人だけ間違えた方ですよ(‐,_ゝ‐)ウラヤマシ

>エステバン様
ぬ!腹筋ツアー…。
何だか素敵なネタの香りがするイベントっぽいですね(*´Å`*)
西アフリカの出港所役人の腹筋をめくるめく堪能するツアーなのかしら(‐,_ゝ‐)それはステキ

>ISIL様
まさかず〜っとアゾレスばっかりに出るとは思わなかったですわ〜。
信玄を信じて1時間半無駄にしたアホです(‐,_ゝ‐)

>魔狼様
帰りがけ、艦隊からはぐれて寂しく一人で帰る船の多さが、今回のイベントの空しさを象徴してましたよねw
あの時ほど見張りスキルが役に立ったなぁと感じた瞬間はないです(‐,_ゝ‐)サイアク

>サージロン様
ままままマルゲなんて、超ハーレム艦隊だったんですから(*´Å`*)
ただ終わった瞬間は、汗と涙でメイクボロボロ美女台無し状態でしたけどね(‐,_ゝ‐)

Posted by マルゲ at 2005年08月31日 20:15
こんにちはー(゚ー゚)
お邪魔してみました
最近忙しくて出来てません、また9月か10月頃に遊ぼうと思ってます(^-^)
幽霊船の実態としては、病気などで船員が全滅した船らしいですね(゚ー゚)
この時代は戦闘や海難における死亡率よりも病気による死亡率が遥かに高かったそうです(゚ー゚)
7年戦争という戦争での損耗の割合が13万人近くが病死または脱走。
ですが直接的な戦闘で死んだのは1500人ちょっとだそうです。
これをみるといかに当時の船が苛酷な環境であったかわかりますね(゚ーÅ)
船乗りという職業が危険であるということは、現代当てはまるそうですよ。
Posted by ☆ジャスティス☆ at 2005年09月03日 14:30
現代でもあてはまるそうですよ
でした(^^;
Posted by ☆ジャスティス☆ at 2005年09月03日 14:50
お言葉とか見つけ
マルゲたちが、かっこよすぎ眼前とかを我慢する


Posted by BlogPetのブクブク at 2005年09月03日 19:18
>☆ジャスティス☆様
おおお久しぶりです(*´Å`*)
最近お見かけしなくて寂しく思っておりました。
幽霊船って漠然としたイメージしかなかったのですが、そんな実情があったのですね。
壊血病放置して船員がバタバタやられるのも納得です(´Д⊂)

Posted by マルゲ at 2005年09月03日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6386607