2005年08月17日

静かなるドン始動。

私の名前はドン・カルパッチョ。
モンペリエで細々とワイン園を営んでいる。





過去には様々なことがあった。
今の姿からは想像もつかないであろうが、マルセイユの大きな屋敷に住んでいたあの頃…。
何もかもが手に入ると思っていた。金も名誉も恋さえも。

…。
いや、もうこれ以上は語るまい。
片田舎でうらぶれている私が、現在の私であるのだから。


この世に生を受けてより38年。
穏やかな日々の暮らし。何も不自由などない。
このまま年老いて行くのもいいかと漠然と思い始めていた。


そこに先日、イスパニアにいる我が愛しの姪っ子、マルゲリータより文が届いた。


 「カルパッチョおじさんこんにちは黒ハート実はマルゲお願いがあるんですの。」


おお…。相変わらずかわいらしい字だ。
最後に会ったのはいつの日であったか。さぞかし美姫になっていることであろう。
私に出来ることであれば何でもするぞ。


 「マルセイユに滞在中のジュリアン様について調べて頂きたいのです。」


ほう…?
確かに最近、財宝探検家のジュリアンという男の名前はここモンペリエまで届いている。
しかし何故イスパニアのお前がその男を気にするのだ?


 「えーとえーと。タ、タベラ様の極秘の指令で…。とにかくよろしくお願いしますねキスマーク


さすがだ。マルゲリータ。
極秘指令を受けるほどタベラ枢機卿に重用されているのか。
しかも私を信用してここまで明かしてくれたのだな…。


よかろう。そこまで言われては仕方がない。
可愛いお前の頼みだ。
このカルパッチョ、見事なまでにその役目務めてみせようではないか。


かくしてまた一人、大航海時代の歴史に名を刻まんと旅立っていくのであった。
がんばれドン・カルパッチョ!負けるなドン・カルパッチョ!




ドスドスドス。



悪魔

大成功クスクス。





この記事へのコメント
さすがはマルゲ様

悪魔というよりバイキンマンって感じですな(ソコカ
Posted by Rancelot at 2005年08月17日 19:55
カルパッチョ・マルゲリータ、、

名前のみだと…ハッ、もしやマルゲ嬢はイタリアからの帰国子女(スパイ)なのでは!?
Posted by セリ at 2005年08月18日 01:58
最近お見かけしないと思ったら・・・。
Posted by ハルバル at 2005年08月18日 09:02
ヴェネツィアのヴィットーリア嬢にちょっかい出してやしたぜ。
ええ 私の眼前でのキザ発言。
しかと聞きやした・・・。

ふふふふ

彼は、「金持ち美女(美少女)」が好みかもッ!!!
Posted by ISIL at 2005年08月18日 10:17
コレの為になかなか更新していなかったんですねぇ〜^^

しかし、あらゆる面からネタキャラのにおいがプンプン漂ってきますw
Posted by Sir at 2005年08月18日 11:03
策士がいる@@;
綺麗な薔薇には棘がある。。と〆(。。)メモメモ
Posted by 魔狼 at 2005年08月18日 12:55
みなさんこんにちは〜。

>Rancelot様
大航海時代のファッションリーダーが着ているのに流行らないピエロ服…。
やっぱりドレスしか似合わないなぁ。うふふ。

>セリ様
クク。タマゴ姫から多額の報酬をもらい…おっとこれ以上は言えませんわ。
まぁホントは中の人が食いしん坊なだけですが(‐,_ゝ‐)

>ハルバル様
そ、それが…。
ドンちっとも育ってません(‐,_ゝ‐)
それこそ王宮にも入れないレベル_| ̄|○ マッタリやります

>ISIL様
またタマゴ姫か!
しかしジュリアン様なら、きっとヤツの裏の顔にすぐ気づくはず…!
その時こそ男前ハンターの出番です(‐,_ゝ‐)イタダキ

>Sir様
超チカラ入ってますヨーw
アホなこと考えるの大好き(‐,_ゝ‐)

>魔狼様
ドンのおじ様で好みとかを探り、
完璧なまでのタイプの女性としてジュリアン様の前に現れる予定のマルゲです(‐,_ゝ‐)
Posted by マルゲ at 2005年08月18日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL