2005年06月12日

恋のキューピット!

リスボンの花婿(イケメン)をゲットすべく、精力的に魚を釣りまくるマルゲリータ。
おかげで釣りランクがめきめき上がっていく。

30分かけて鮭釣りに勤しんだ成果を見せに、
ミスター・ダンディに鮭料理を100人前お届けする。


 「あんた赤の他人だろうよ… 何も言わずにわたしてくれるのか?」


もちろんよ。ミスター。
でも実は結構苦労したの。男前以外は釣り慣れてないの。
恩義を感じるんだったら、イケメンシェフ友達の一人でも紹介してくれれば問題ないわ。


 「リスボンに戻らないと。来てくれないか俺の一世一代の大勝負が待ってるんだ!」


い、いや…。
ミスターの一世一代の勝負には、あまり興味がないって言うか。
遠くから生暖かく見守る程度じゃだめでしょうか?


W00210.JPG「来てくれないか?」




W00217.JPG
…OK。ミスター。伺うわ…。



何なの一体。
そんなにマルゲといっしょにいたいの?
困っちゃうなぁ。もう!



もててもてて困っちゃう!





足を怪我したとは思えないほどのダッシュ力で、リスボンに帰るミスターに必死でついていく。
さて…一世一代の大勝負とやらをみてあげますか。


 「怪我してるじゃない心配ばっかりかけて… 」


「王宮からの仕事はバッチリ終えてきた。足の怪我はどうってことないさ。」 



えっ!
手柄独り占めですか…?
エジンバラの酒場で半べそかいていた写真とかありますけど、
これは燃やしておいたほうがいいのでしょうか?


「俺と… 結婚してくれないか!」 



 「…… しかたない いっしょに旅するしかないか!」






揺れるハート揺れるハート




…。

何この疎外感。


恋のキューピットとかまじつまんないよ。
大体、オトコがマルゲを目の前にして他の女に現をぬかすとかありえないじゃん。
おかしいよ。このイベント。



納得のいかないまま、僻地リガのエビ男へお料理を届けに行く。


wss000223.JPG 「素晴らしい!これこそが最高のエビ料理です!」


そうですか。最高でしたか。
エビも自分で採ってきたんですよ。
ひょっとして家庭的なマルゲにクラクラですか?困るなぁ。うふふ。


wss000227.JPG
もててもてて困っちゃう!




wss000223.JPG 「ハーブの香りが呼び起こす彼女の声。エビの甘みに思い巡らす彼女の愛」


…。

ちょっと自分に酔いすぎじゃないですか?
お料理まで用意して尽くしている美女が目に入らないなんて、どうかしてませんか?
お酒入ってない分、ハッピーイースター☆の姉さんよりたちが悪いというか。


さらにこのエビ料理を、リスボンの花嫁まで届けろとかいう。
フ…ここまできたら見届けてあげるわ。
しょうがないのでリスボンへ。



 「口に入れたときに感じるぬくもり…のどを通るときに感じるあの人の愛…」


…。
そうですか。

でも、一応言っておきますけど、
それ、マルゲリータが用意しましたから!!


 「目の前にいないあの人をこんなにも強く 私の中に感じられる…」


 「私…もう少し…いえ永遠になってもいい…待ってみようと思います」






何このバカップル…。




意外と尽くして捨てられるタイプのマルゲリータだった船


演歌大好き

バラもコスモスも枯れておしまい!



この記事へのコメント
〜〜〜3度目の素敵な遭遇〜〜〜
この日は商会メンと4人艦隊でセビリアでバザー放置していました。たまたま画面を見ていたら、なんとマルゲお姉様が猛スピードで駆けて来ました。
肥満児、男前、男前、美女(私)で並んでいたのですが、スルー、購入、購入、スルーと、鮮やかなコンボを決めて軽やかに立ち去って行かれました。素敵でした。
Posted by イアハート at 2005年06月13日 08:41
…み、見事なまでのマルゲさんのピエロっぷり(T^T)
恋は盲目っつー奴ですかい。。
Posted by フェルマー=ディック at 2005年06月13日 15:21
>イアハート様
こんにちは〜。
あわ〜ワタクシ名前表示をたまに消しているので、
どうしてもイケメンしか目に入らないのですよ。
でもその時美女なんていなかったけどなぁ…(‐,_ゝ‐)ヘンダネ

>フェルマー=ディック様
こんにちは〜。ご訪問ありがとうございます。
マルゲがピエロだなんて、ありえないデス!
真の男前じゃないから、わざと彼らを掌で転がして遊んでいたのですよ〜(‐,_ゝ‐)ヨユウ
Posted by マルゲ at 2005年06月13日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4285402