2005年03月24日

転職!(3回目)

いきあたりばったりでやってきたら
考古、財宝、宗教 美術、地理、視認、採集、探索その他もろもろ。
広く浅くかじってきたスキルが増えすぎ、枠が足りなくなってきた。




いろいろと見直してみると、アイテム、装備、経験値など無駄だらけだ。

そんなことを言い出すとこれまでの冒険すべてが無駄だらけなのだが、それは置いといて、この機会に、身辺整理をしてみることにする。

春らしく、新しいワタシ☆になるのだ。
すっきりリフレッシュすれば、新しい出会いもあるに違いない。だって春は出会いの季節だもの!


otokomae
生まれ変わった私を見つけて!



いうわけでいくつかのスキルを入れ替える。
ちょっとした混乱もあった。

とりあえず、イギリスの酒場では必死の身振り手振りで注文しなければならない人間となった。
12ヶ国語を操る天才冒険家が突然の記憶喪失によりお上り観光客へ転落。どんな悲劇だ。

酒場のアンジェラの視線が冷たい。さっきまで甘い言葉で口説いていた奴が、酒を一杯飲むのにも半泣きで全力投球。きっと幻滅なのだろう。

さすがに英語を忘れたのはまずかったらしい。
あまり使わないノルド語とかノルド語とかノルド語を忘れることにしよう。
ノルド語は一回しか使わなかった。結局ノルド語って何語だったんだろうか。


そしてさらに、長らく続けた草むしり冒険者稼業を一時中断し、「海軍登録書」を使うことにする。

今のマルゲリータ号では、チームを組んで戦闘する時には、敵船から遠く離れて豆鉄砲を打つぐらいしかできない。
窓際船長と船員との間がギクシャクしているため、白兵戦はすなわち敗北を意味するからだ。
それどころか白兵戦に乗じて謀反をおこされかねない。



senninn
何かを狙う目


やつらならやるだろう。

とはいえ、豆鉄砲がどれだけ戦闘に貢献できているかというと疑問である。
ということで、射程の距離が伸びる弾道学のスキルが是非欲しかったのだ。
めざせ足手まとい脱出!


かくしてマルゲリータは准士官に転職した。



本当は砲術と弾道学とったら冒険家に戻ろうと思っていたのだが、
せっかく言葉も忘れてアホになったので軍人のスキルを色々とって少しの間海軍モドキごっこをして遊んでみよう。

敵のならず者を狩りつつ、船内のならず者たちをおさえなければならない。


senninnWS000056.JPGsenninn2
切羽詰った窓際キャプテン


緊迫感あふれる船内で、春風が運んでくるめぐり会いを心待ちにするマルゲリータだった船

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2613158