2006年10月19日

国籍は!

ノトスのマルゲリータは、イスパニアのタベラ枢機卿の忠実な僕であった。

最初の大海戦で惨敗し、イスパニア全国民から総スカンをくらったときも、
なけなしの500円玉貯金を、投資しても投資してもち〜っとも爵位を与えてくれないときも、
常にマルゲはタベラ様のお味方をしてきた。



それは別に、タベラ親分がダイスキだからとかそんな理由ではない。
親分の男前の孫☆とお知り合いになるためであった。

そうでなきゃ誰がこんなヒヒジジイに媚売るかって話だ。




しどい…。



ず〜っと我慢してきたのだが、ちっとも孫紹介してくれる気配ないし、
大体冷静に考えたら、タベラの孫が男前なんて遺伝子的に結構無理あるし、
何だか騙されているような気がしてきた。


というわけで、ボレアスの偽マルゲリータは本能のまま、



揺れるハート揺れるハート



ジュリアン様
のもとに走ってしまいました。


ここでアレっと思った方には、変態ブログマスターの称号を差し上げたい。

そう。ジュリアン様のいらっしゃるフランスには、マルゲリータの叔父であるドン・カルパッチョ氏が、男前ハンターにより既にスパイとして派遣されていたはず。


しかしとある理由があって、現在ドン氏は全治数ヶ月の重傷を負っている。
そのへんのくだりは、また後日…。


まぁそういうわけで、偽マルゲリータはフランスマルセイユっ子として誕生した。


久々の大航海。港にいくと、偽マルゲの小船がおいてあった。
早速モンペリエへ行く。

この半年で様々なアップデート、変更がなされただろう。
公式を見ずにひとつひとつ自分で発見して、楽しんで行きたいと思う。





まずはそこから。



結局やることは男前探しな偽マルゲリータであった船


この記事へのコメント
追加された男前は、新大陸にあり!!!
Posted by フェルマー=ディック at 2006年10月20日 10:43
ネットで広い全国民とかくらったときも
マルゲたちが、ネットでなけなしとか、大きいなけなしとかしてもち
マルゲリータと、最初と、広い全国民など与えてくれないときも
ネットで最初などを惨敗しなかった。
Posted by BlogPetのブクブク at 2006年10月20日 16:48
久しぶりに覗きに来たら、復活なさってるんですねー(笑)
いや〜引退した身ですが、マルゲ日記が読める楽しみが増えて嬉しい悲鳴です!!!

きっと相変わらずの美貌と歳を取って老けてじゃなくて、色気も加わってるんでしょ〜なぁ〜

応援してま〜す!!
Posted by ヴェロニク at 2006年10月21日 00:14
>フェルマー=ディック様
遂に男前アップデートきましたか(‐,_ゝ‐)マルゲの時代
ただ、現在ケープまでしか入港許可が出てないので、アフリカの出港役人の腹筋しか見えません(*'A`*)

>ヴェロニク様
おひさしブリです!
ヴェロニクさんもこっそりボレアスに登場してくださいヨー。
男前というか人が少なすぎて、男前ハントもままならない現状ですので(;ω;)
Posted by マルゲ at 2006年10月22日 08:39
ようこそ〜!
一足先にフランスに亡命しているセシルです^^
 フランスイベントはチェック済みでしょうか?!
J氏の他にも、碧眼の神父やら、V国のおにいさまなど色々いますね
 ともかくおかえりです〜!
(あ、こっちもブログ更新しないとw)
Posted by セシル=メルツ at 2006年11月19日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25768747