2005年03月15日

見殺し!

昨日サーバーダウンは1時間で直ったらしい。心苦しくもさっさと寝てしまったマルゲだったが今日謝ってみるとみなさんもそのままお休みになったみたいで一安心。

ナントまで来ているので久しぶりにアムステルダムへ行く。今日こそ宝の地図の出番だ。えーっと最初の目的地はリューベックの東・・・上陸地点だな。
しっかり者のマルゲ子はドイツ語を覚えてリューベックへ向かう。



一通りドイツの町並みを楽しんだ後はいよいよ宝探し!

地図の名前は美しい壷の地図・・・。
え!なんてしょぼそうな・・・。
・・・。

なんかめんどくさくなってき
なかなかいい感じである。開錠スキルをあげるにはもってこいではないか!
ちょっと下がったテンションをむりやりをあげて出発!


shukkou.JPG
出発!


・・・が。

キケンキケンキケン!

強そうな敵がワラワラワラワラー。
警戒スキルなんて役に立ちません。
こわいこわいこわい。
あげたはずのテンションが下降していく。

あぁ、なんで私はこんな苦労をしているのだろうか。だいたい美しい壷って。具体的すぎるよ。壷出てくるだけじゃん。分かり易すぎるよ。美しくてもたいした金にはならないじゃん。
それどころか追いはぎにでもあったらオッサンルックに逆戻りだよ。



忌まわしき記憶
piero.jpg
そんなのイヤ・・・。




・・・。いや、美しい壷といえば、桐壷とか藤壷とかの壷ではないか?
そこにいたら帝どころか光源氏をはじめとする男前が通ってきてくれる、そんな壷。
だってこんなに苦労しているんだもの。うん、そうに違いない。それって素敵!




otokomae3.jpg
とっても素敵! 



困ったときには男前ドーピングである。
ものすごい勢いで停戦協定状をばら撒きながらようやく到着ダッシュ(走り出すさま)

たいしたものが入ってなさそうな地図からたいしたものが入ってない壷を拾って終了。
ま、こんなもんである。

帰り道に見たことのない町発見。コペンハーゲンだ。
さっそく入ってお土産を買おうとすると交易所の親父が反応しない。
なんだろう?もはや入店拒否されるほどみずぼらしくはないはずだが・・・。
ひょっとして装備を変えても隠しきれないほどオッサンルックが身についてしまっているのか。バカな。
必死で何回もクリッククリック。
とログに青い文字が・・・


kotobaga.JPG

言葉が通じません。

言葉が通じません。




tere.JPG



すっかりこの先は英語でいけるものと信じていたのだが、
聞くところによると「ノルド語」なる言語が必要ということであった。
「ノルド語」



tere.JPG
?!


そんなものこのマルゲリータに分かるはずもない。



スキル欄に空きがないのでオスロとストックホルムの地図はお預けの模様。
急にやることがなくなったなぁとフレンドリストを見ると数少ないイスパニアフレンドの某虫さんが近くにいたので合流した。

☆4つの地理学クエストを受ける。リューベックから東北東の島を発見しなくてはならない。
が近くに島が見えていたので簡単そうだ。たまにはこういうのもないとねるんるん

目当ての島までおよそ3日。マルゲ様には船員の頬をひねるがことく容易いクエストだ。

えらそうに艦隊の後ろでどーんと構える。
到着と同時に視認。よーし終わったお疲れ様でした。

あれ?この島じゃないらしい。あーその隣の島か。ゴーゴー。
あれ?この島じゃないらしい。あーもいっこ先か。ゴーゴー。
あれ?この島でもないらしい。って


senninnえぇ?!senninn2


この先の島って明らかに危険海域のストック様の海域じゃないですか_| ̄|○
さすがに☆4つのクエスト。侮るなかれである。

ビクビクしながらも視認成功。あーこわかった。あー遠かった。
でもここまでくると達成感があるなと自信に満ち溢れるマルゲ。だてに立て巻きロールじゃない。
お前は後ろでほけーっとしていただけだろうと冷たい視線が刺さるのは気のせいであろう。


二人で帰還途中、白旗あげている人を発見。偽善者マルゲはここぞとばかりに恩を売ろうと
声をかけるも友人が来てくれるらしく断られる。
真の善意からではないことがバレバレだったのだろう。

これが神様にもバレバレだったらしい。
話しかけに止まったが運のつき。

いっかいめ

まるげりーたたちはスウェーデン私掠艦隊におそわれた。
まるげりーたは提督が停戦状を使うのをまった。
提督は停戦状をつかった。
脱出せいこう。

にかいめ

マルゲリータたちはスウェーデン私掠艦隊におそわれた。
マルゲリータは提督が停戦状を使うのをまった。
提督はうごかない!
スウェーデン私掠艦隊の攻撃。
提督は78のダメージを受けた。戦闘不能。

さんかいめ

まるげりーたたちはスウェーデン私掠艦隊におそわれた。
マルゲリータは提督を譲るように進言した。
提督はうごかない!
スウェーデン私掠艦隊の攻撃。
まるげりーたは70のダメージをうけた。
提督は78のダメージをうけた。戦闘不能。



まるげりーたは提督をゆずってもらった。
某虫はまるげりーたに追従した。

よんかいめ

まるげりーたはスウェーデン私掠艦隊におそわれた。
まるげりーたは停戦状をつかった。戦闘から脱出した。

まるげりーたは水がなくなった!食料がなくなった!


以下えんえんと

まるげりーたは襲われた。停戦状で脱出した。


あぁ疲れた・・・。

さんざんな目にあったね〜と笑いながら振り向くと某虫さんがいない!!

senninnえぇ?!senninn2


さっき確かに追従を確かめたのにぃぃ。
あわててチャットで聞くとどうやら追従が切れてはぐれてしまったらしい。
迎えに行きたいが水も食料も行動力もゼロ。帆も破れていたため目の前のリューベックに
入る。

いそいで料理をパクつき、出港しようとすると某虫さん帰還。
あの地獄の地帯で2度の沈没をくらいながら警戒もなしでここまでたどり着いたとは。

かくしてマルゲリータはフレンドを見殺しにした。


気づかなかったとはいえフレンドを見殺しにしてしまった心苦しさと共に、
自分の身も守れない奴はええ格好しようとしてはならないという、大航海時代の厳しい掟を学んだマルゲリータであった船

ていうかほんとにごめんなさい
tojime.JPG
・・・


追記。
本人の希望で某虫さんは雄雄しく散ったということにしておきます


naki

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2420892