2008年06月27日

MAZO!

三国志には当然のことながら武将が存在する。わが成都では丸の直属の上司である馬超様のほか、趙雲様、その他蜀の仲間たちが街中を徘徊している。



この武将たちと一日一回お話をすることで親密度が上下し、ある一定の親密度を保つと直々にクエストの依頼などをしてくる。大航海時代でいう酒場息子(娘)みたいな感じであろうか。

んで、丸はこまめに話すことを心がけていたのだが、なかなか趙雲様と馬超様の親密度があがらない。寧ろ下がりまくり。その他大勢の方々にもついでに話しかけてあげているのだが、そっちは結構仲良くしてくる。黄忠オジイちゃんにいたっては丸を目に入れても痛くないレベルのかわいがりようだ。

kochu.jpg
丸たんラブ



男前武将の親密度が上がる前に、おじいちゃん、関羽将軍など蜀の仲間たちに依頼を受けてしまった。男前ハンターの名折れである。

正直男前以外の依頼なんてめんどくさくてどうでもよかったのだが、最近頓に暇をもてあますようになってきたので、1ヶ月近く放置していた関羽将軍の依頼をうけてみることにした。

内容はネタバレになるため割愛するが、どうやら石林という洞窟マップの奥のおっさん倒しこなければならないようだ。石林というとオープンベータのラストで部曲員全員で突撃し、撃沈したあの忌まわしき洞窟。だが、レベルも40になり馬超様の片腕として日々働く丸丸にとっては、きっとオチャノコサイサイ。死んでもネタに部曲員の方々の貴重なお時間を頂いて手伝ってもらうまでもない。自慢の疾駆2で石林を駆け抜けてやるわ!

石林に入ると、レベル18くらいの可愛らしいサソリちゃんがお出迎えしてくれた。近づくとレベル差にもかかわらず果敢に攻撃してくる。そのダメージ1。あらあら、倒すまでもないようね。さっさと奥のおっさんを倒してくるか〜とダッシュする。すると意外にサソリちゃんは粘着でどんどんついてくる。ダメージ1とはいえ、かさなるとかなり痛い。だが今更倒すには敵の数が多すぎる。立ち止まったら多分、死ぬ。猛然と疾駆を駆使してダンジョンの奥へ。

部曲の変態仲間である董さんに
kome1.jpg
って聞かれ優雅に返答する丸丸。


SOL20080620234400.jpg
実は死ぬほど必死。



そして目的のおっさん発見!
本来なら唯一のお得意スキル妖術でふるぼっこにしてやりたいところだが、装備なんか変更した日にはサソリたちに蹂躙されること必至。とりあえず槍装備のまま突撃!!!




どう考えても敵が多すぎた。屍のまま呆然とする丸丸をよそ目に、思い上がった自称馬超様の片腕をふるぼっこにした満足感にひたりながらサソリたちは自分の持ち場へ引き上げていった。

これは…チャンス!さすがにおっさん一人くらいだったらなんとかなるだろう。場所が狭いので妖術は使えないけども、修行中の双手だったら痛みを感じる前に殺れる気がする。ということで、岩のかげに隠れてお着替え。準備万全。





ふと見ると帰ったはずのサソリがまた大勢集まってきている。何事かと覗くと、変態部曲員の董さんがサソリにふるぼっこにされていた!きっと丸のことが心配で手伝いにきてくれたんだろう。大変心優しい人だ。あまりに面白すぎて感動に胸がつまってサソリにやられている董さんを手伝うことができなかった。クスクスグスグスもうやだ〜(悲しい顔)


徒党をくんでもらったおかげで余裕でおっさんを倒せた。董さんありがとう。
倒した証拠を関羽将軍に渡せば依頼はクリアだ。さっそく成都に帰りますかね。

三国志オンラインは祠というセーブ場所みたいなのがあり、そこで復活の登録をしておくと死んだときに祠で復活できる。成都の祠前でセーブしているので、死ねばすぐに成都に着きクエストクリアだ。

早速死に戻ろうと服を脱ぎかけると、董さんが出口に向かって猛然と走っていった。もちろんサソリを引き連れて。

自らを痛めつけることに快感を覚えていらっしゃるのであろうか。丸はその終着点を見てみたくなり、後ろからついていってみる。
サソリの数は膨れ上がり大変なことになってきている。が、彼は歩みを止めない。すると前から、誤爆IMEを常備しているコンさんが来た。手伝いにきてくれたという。本当にやさしい人ばかりなわが部曲だ。水天一碧はいつでも部曲員を募集しています!(宣伝)



SOL20080621000000.jpg



コンさんを徒党に誘おうと立ち止まった丸。すると董さんのひきつれていたサソリの標的がこちらにきてしまった。コンさんは革の装備だったので回復も間に合わず何が起きているのか理解もできずにお亡くなりに。続いて丸にもサソリの攻撃が。董さんのMの犠牲者がまたここに…。恐ろしい子っ…!
だがよい、おもしろいから。


キングオブSADOの座は誰にも渡せない丸であった船


oti.jpg
Mの行く末。

この記事へのコメント
チョw
何か変態って誤解招く様な事書いて。
もうMとしてしかいきていけなくなっちゃったじゃない


                                        イヤジャナイケド…  
Posted by 董進 at 2008年06月28日 00:57
>董さま
くっ!ばれない様にこっそりアップしたのに見つけられてしまったか…。
誤解も何も、真実しか書いてませんよ(‐,_ゝ‐)
ところでお誕生日おめでとーw
Posted by maruge at 2008年06月29日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101658868